スマホなどの精密機器が故障したら

みなさん、パソコンはお使いになりますか? 日常的に使用されている精密機器の代表的なものといえば、パソコンやスマホなどがありますね。 そのような機器類が壊れてしまった時、どこに修理を依頼すればよいでしょうか? まず思いつくのは、購入したお店ですよね。

どちらが良いの?メーカー?販売店?

精密機器(主にパソコンを想定した場合)、販売店に修理の相談をするのが良いのでしょうか? それとも、メーカーに直接相談するのが良いのでしょうか? 単純に考えればメーカーが一番安心感があるような気がしますが、それぞれ、どのようなメリットとデメリットがあるのか、簡単にまとめてみました。

精密機器が壊れてしまったら

日常生活の中で、よく使用される精密機器といえば、パソコンとスマホでしょうか?
スマホの場合は、万が一不具合が出てしまったら販売店に相談するのが一般的ではないかと思います。
よくあるスマホの故障といえば、液晶画面のガラスのひび割れではないでしょうか?
あの液晶画面はなぜプラスチックではなくてガラスなのでしょうかね?
ちょっと落としただけですぐにひびが入ってしまうのは、不便に思ってしまいますよね。
調べてみると、どうも液晶画面を指でタッチしたりスライドしたりする操作をスムーズに行うためには、画面の材質がプラスチックよりもガラスの方が感度がよく操作しやすい為なのだそうです。
残念ながら、それに変わる割れにくく感度の良い素材は現在見つかっていないようで、我々はもうしばらく液晶画面の保護フィルムが手放せないようです。

ではスマホが壊れた時に、メーカー以外にはどのような場所で修理が可能でしょうか?
インターネットや新聞、雑誌の広告にスマホ修理、最短、最速、最安というような掲載がされているのを目にした事がありませんか?
メーカーもしくは販売店に持ち込めば済む修理ですが、どうして専門の修理業者が多数存在しているのでしょうか?
メーカーは修理をする際、純正のパーツを使って修理してくれますが、保証期間が切れてしまっているものは修理の対応をしてくれないので、メーカーに相談しても買い替えを進められて終わってしまう場合が多いです。
古いスマホを長く大事に使いたい人にとっては、純正パーツでなくても代替パーツでサクッと直してくれる街の修理屋さんは頼れる存在であるといえますね。

街の修理業者

メーカーに修理の相談をするのが確実な気がするのに、街にはメーカーでも販売店でもないのに、精密機器の修理を専門に請け負っている修理業者が存在しています。 なぜそのような業者が必要なのでしょうか? 彼らに修理をお願いするとどのようなメリットがあるでしょうか?

▲ TOPへ戻る