海外旅行で良かった点、気候・ホテルのサービス・食べ物など

もう十年以上も前になりますが、グアムで挙式しました。 式を挙げるならチャペルは外せない・場所は海外がいいかな…位しか考えていなかった私達がそこに決めたのは、当地のとあるチャペルがきっかけでした。 「サンビトレス・ベイサイド・チャペル」 それはホテルニッコーグアムの備え付けチャペルで当時、グアムで唯一の石造り様式が売りでした。 最初からどことなく惹かれて今でもスラスラと言える名前や、憧れだった赤いバージンロードがついていたのも決定理由になりました。


韓国に行ってきました。政治的な理由からお互い嫌悪感を抱いているようですが、民間レベルとなるとそうではないことが確認できて良かったです。いろんなお店に入りましたが、日本人だからと言ってなにか意地悪をされることもありませんでしたし、みなさんとても親切でしたよ。食べ物は日本でもおなじみのものが多く、キムチやプルコギ、ビビンパなどの本場の味は最高でした。気候も冬場でしたが、思っていた以上に寒くなく、日本の冬の服装で十分対応できます。


フランスが良かったです。町なみがキレイだし、パリでは、自由行動でオルセー美術館ルーブル美術館オランジュリー美術館を巡りました。とくによかったのは、オランジュリー美術館。地下にあるモネの睡蓮の大作がある部屋では、あまりにも圧巻されてスリにあいそうになりました。丸い部屋の壁いっぱいに超大作のモネの作品が張り巡らされ圧巻でした。もう一度行ってみたいところ第一位です。他にも田舎のエリアのワイナリー巡りも好きでした。アットホームな雰囲気でいいワイナリーがたくさんあります。。


海外旅行で良かったところはイタリアです。新婚旅行で7月に訪れました。気温は暑かったのですが、日本のように湿度を含む蒸し暑さではなかったので、日陰をうまく行動すれば大丈夫でした。料理も日本でもパスタなどのイタリア料理は普及しているので、さほどの驚きはないかと思いましたが、本場のパスタは違いました。時に際立って日本と異なっていたのは「カルボナーラ」です。イタリアでは生クリームは使用しない分、チーズの風味が芳順さがたまりませんでした。街ではフィレンツェが一番魅力的でした。観光地に行かなくとも、街をブラブラ歩いているだけで、趣ある建物が見れますし、ふと、街角を曲がった時に建物の合間から見えるドゥオモにどこにいても身守られている感じがして、街自体のアート観を堪能できました。


海外旅行で行ってよかった国は、タイです。私はチェンマイにいきましたが、なんといっても価格が安い。航空券もホテルも、食事も、お土産もリーズナブルでお得です。食事も市場の屋台でタイ料理を食べましたが、一食300円もあれば、お腹いっぱい食べられます。食事もとてもおいしく、あまり癖のあるものはなく、日本人でも気にならず食することができます。また、タイ式マッサージもおすすめです。日本で、60分で5,000円~1万円以上するお店もありますが、チェンマイでは、1時間600円殻1,000円で高級感のあるタイマッサージのお店でマッサージを受けることができます。観光地を回って歩き疲れたら、足裏マッサージだけでもやってもらうととても楽になります。また、市街地にはセブンイレブンもあり、困ったらセブンで買い物もできますので安心です。


私は韓国へ何度か旅行へ行っているのですが、機会があればまた行ってみたいと思います。気候は日本とあまり変わらない気がするし、同じアジア圏だからか、特別カルチャーショックを受けるようなこともありませんでした。現地に韓国人の友達がいるので、その子の家に泊まらせてもらうことがほとんどで、観光もその友達がしてくれました。 そして、韓国にまた行きたいと思わせるのがやはり「食」!キムチの種類も日本よりも豊富で、約肉、トッポッキ、チヂミなど、本場の物はやっぱりおいしいです。日本にも韓国料理は多いですが、どこか日本人に合わせたテイストになっているので、現地で食べるのとはまた違います。特に、友人が案内してくれた(ソウル市)のとある商店街での食べ歩きが最高でした。


いつも一緒に行く女友達といろんな国に行きましたがその中でもう一度行ってみたいと思った忘れられない国は神々の国楽園のバリ島です。今は人気の観光地ですが私が行ったのは15年以上前の事でそれ程観光化されていませんでした。ホテルもリゾートタイプで部屋も民芸調で広くプールがあり景色が素晴らしくウェルカムフルーツがありスタッフも優しかったです。果物が豊富で朝のバイキングはフルーツだけでお腹が一杯になってしまった記憶があります。是非もう一度行ってみたいところです。


フランス、パリが今までの旅行で一番ときめく街でした。すでに4回程パリに旅行に行きましたが、毎回幸せな気持ちになって帰ってきます。建物が古く、街並みもそれに合わせて作られているので、趣もあり、それでいて美術館やファッションビルなどモダンな一面もあり。食べ物は街角のどんなレストランに行っても日本の感覚からすると高いと感じてしまいますが、これもパリだからと自分に言い聞かせます。気候は夏が一番おすすめですが、冬のクリスマスの時期も更に華やかで見応えありです。スリなどに気をつけていれば、非常に素敵な時間となることでしょう。


何と言っても台湾です.5回行きました.初めて行ったときはツアーだったのであまり印象はよくなかったのですが,二回目以降は自由の利く旅行にしました.何より食べ物がうまいそして安い.屋台料理は抜群です.特にお勧めは牡蠣入りオムレツ,おあちぇん.場所ほかにも牛肉麺や排骨飯などもおいしい.炒め物料理がおおいのですが,肉を使わない,あるいは少な目の料理も結構あり,自助食などを利用すればかなり安く食べられます.ほかにも変なところにポツンとある屋台で食べる香腸がめちゃくちゃおいしかったこともあります.怪しいなと思うところでも,一生懸命作っているおばちゃんの屋台などは挑戦してみる価値はあると思います.


大学時代第2外国語で韓国語を勉強したこともあり、友達とみんなで卒業旅行で韓国の釜山に行きました。ソウルも何度か行ったことがありましたが釜山は初めてでした。 友達と一緒にレストランに入ると定員が日本語で注文を取ってくれたり「旅行でいらっしゃったんですか?」など店員が日本語で話しかけてくれたのでとてもうれしかったです。 また別の韓国料理店に入りましたが、そこの店のおばあさんも私たちが外国人なのを察し、料理がちゃんと口にあっているか何度も「おいしいですか?」と確認に来てくれました。 チャガルチ市場や釜山タワー、クァンアンリのマリンシティ、ヘウンデ、クァンアリ大橋などとても観光地が多くとても魅力的な街だと思いました。 旅行中、百貨店を訪れても日本語が通じ、あまり不便を感じませんでした。旅行だけではなく釜山の人の情の熱さを感じる旅行になり、満足の旅になりました!


主にヨーロッパに旅行に行きますが、やはりイタリアはおすすめです。 歴史的な建造物も多く、どこの町に行っても見所には事欠きません。 冬でも北ヨーロッパのように極寒でもなく雪もあまり降らないので街歩きも苦になりません。 ホテルのサービスはどこもたいていフレンドリーです。 一番はなんといってもパスタです。イタリアで食べるパスタは日本のパスタとはちょっと違います。どこで食べてもおいしいです。 もちろんピザもおすすめ。一枚でもぺろりと食べられます。


ドイツが良かったです。中世の街並みがそのまま残っていて、地震の頻発する日本では見ることのできない風景を見ることができました。気候は日本とあまり変わりませんでした。一番助かったのは英語がどこでも通じたことです。ドイツ語が分からなくてもホテル、レストラン、ショップなどすべて英語で間に合いました。ホテルは清潔でバスタブはかなり大きかったです。治安は外国の中ではいい方だと思います。昼間、一人で行動していて不安になることはありませんでした。


イタリアは観光で見るもの、例えば街並み、建築、遺跡、美術品などすばらしいものも多いのですが何と言っても食べるもの忘れてはいけないと思います。何かにつけてとても美味しかったと思います。高給なレストランでなくても、スーパーの何気ないチーズや生ハムといった日常の食材もはずれが少なく美味しいものばかりでした。バールなどで頼んだパニーニやスプレッソも特別なものでなくても十分に満足できるおいしいものが多かったと思います。


カナダに行ったことがあるのですが、カナダはとてもきれいで、自然がたくさんあって、本当に魅力的な国です。 バンクーバーや、バンフ、ケベック、ビクトリア、ジャスパーなどいろいろと巡りましたが、どこに行ってもその美しさに心が奪われました。 私たちは家族5人で旅行したのですが、その時は「くつろぎの旅」という、12日間で一人75万円位の結構豪華な旅だったので、ホテルも行くところ行くところ、その辺りで一番の良いホテルに泊まれたので、余計にカナダの印象はとても良いものとして心に残っています。 ホテルの豪華さはもちろん、食事もおいしかったですし、何よりカナダは湖や、カナディアンロッキーなど、その自然の雄大さに感動しました。 その中でも私が一番気に入ったのが、ジャスパーです。家族皆で大自然の中をサイクリングしたことは、今思い出しても、胸が熱くなるくらい、感動的なものでした。


オーストラリアのゴールドコーストは思った以上に素敵な場所でした。宿泊したエリアが閑静な高級ホテルのエリアだったこともあり、ヨーロッパ等のラグジュアリーな雰囲気が好きな方にはお勧めです!3月中旬で現地は夏の終わり。秋の風が吹き、夕方にはやや涼しくなります。宿泊したホテルは有名ブランドVersaceが夢に描いた空間と言われるPrazzo versaceと言うホテル。ここに宿泊するのが目的で行ったのですが、一生忘れられないほど、セレブな気分の味わえる素敵なホテルでした。見た目はゴージャスで華やかで、ホテル内にはアロマの香りが漂い、ビーチが近くとても静か、近くに安くておいしいシーフードを販売するお店があり、ベットの寝心地がふかふかで最高!まさに五感全てにおいて満足できるホテルでした!向かいにはシェラトンミラージュと言う高級ショッピングモールがあり、こちらをお散歩するのも楽しいです!リゾートを楽しみたい方には、ゴールドコーストと言う選択肢を是非!


新婚旅行で中国に行きました。格安ツアーでしたが、期待以上の満足感がありました。 一番よかったのは、観光です。歴史の国ですから、見る物に重みがありました。 天安門広場や万里の長城が特に印象的でした。よくニュースや本でみる風景が目の前に あり、灌漑深い物がありました。 上海に行くと真逆で、近代的な建物の並ぶ風景が素敵でした。近代的なのに何か情緒も 感じられる風景でした。 あと、上海の風景が良く見える高層階のレストランで食べた上海ガニがとても美味しかった です。


オーストラリアは行ってよかったです。オーストラリアのパースへ行きました。旅行したときの10月は日差しは強かったですが、湿度が低くカラッとした暑さでした。じめじめとしていないのでそれが快適でした。泊まったホテルはごく普通のホテルでしたがのんびりとできました。 一番の行ってよかったと思うことは、なんといっても大自然に触れたことです。赤土の大地、白い砂丘、大きな一枚岩、どこまでもつづく草原、そこに咲くお花、ロットネスト島の海のきれいさ・・・どれも本当に印象に残っています。


今ほど情勢が悪化していない頃、パキスタンに行きました。 成り行きで決まった旅だった事や、情報誌などが見つからず、全くイメージが浮かばなかった事もあって、正直全く期待していませんでした。 結果から言うと、私が今まで訪れた中で一番素敵な国でした。 勿論、衛生面の問題や、インフラ整備の遅れなど、問題が無いわけではありませんが、出会う人たちが皆良い人でした。 宿泊は知人の紹介でホームステイをしました。食事はほぼカレーです。でも本当に美味しくて何度食べても全く飽きませんでした。お母さんが生きたニワトリを持って歩いて行った日の夕飯がチキンカレーだった時、普段では感じる事の少ない「命をいただく」と言う有難さを感じました。 ゴダイゴの歌うガンダーラは、実はパキスタンにあるんですよ。いまだ冷戦の続くインドとの国境ではミサイルがあったり、銃を構えた兵隊さんがいたりと、完全に治安が良いとは言い難いですが、私はお勧めしたい国です。


人柄が魅力のインドネシアがオススメです♪ バリ島で人気の国ですが、そこから日帰りツアーなども出ているジャワ島中部のジョグジャカルタへ。 ここには世界三大仏教遺跡と言われるボロブドゥール遺跡とプランバナン遺跡群があります。 海外からの観光客はもちろん、国内からの観光客も多く、アジア一の親日国と言われるインドネシアの人々との交流が気軽にできます。 写真を撮っても良い?と声をかけると、じゃあ一緒に撮ろう〜とあっという間に囲まれてしまい、一躍有名人な気分に! 単なる観光がグッと楽しくなりますよ☆


【ハワイ】とにかくはずれがなく満足できる、安心して海外旅行気分が味わえる観光地です。まず「暑い」のではなく「暖かい」非常に快適な気候です。次に食べ物に困らないことも良いです。ロコモコなどを始め、ハワイでは外国料理ではあるものの、抵抗なく日本人の口に合う美味しい食事が楽しめます。そしてまた透き通った海、変わった形の山々、広々とした街並み、外国ならでは景色に出会えます。付け加えると治安も良く、また日本語の標識や日本語が通じるところも多く、安心して出歩けます。まさに地上の楽園だと思います。


おすすめの海外旅行  必見の海外スポット  もう一度行きたい海外  思い出深い海外旅行